オグリキャップをもう一度

競馬好きの行政書士が競馬について気ままに書くブログ 馬主申請の代行も行っております

ご挨拶

初めまして。

当ブログにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。

オグリキャップをもう一度」の管理人である、野田洋平と申します。

品川区の五反田にある「野田洋平行政書士事務所 」で行政書士をやっております。

主な業務として、法人設立や相続・遺言関連、補助金申請の手助けなどを手がけております。

それに加えて、最近は、馬主申請の代行もしております。

競馬好きなら、やはり馬主には憧れるもの。競馬好きとして、そのお手伝いが出来たら、と思っております。

 

まあ、そんな商売のお話は置いといて(置いておくのか)、なんでこのようなブログを開設したかについて、話します。

 

オグリキャップをもう一度」

オグリキャップ。昭和の最後~平成の初めに活躍した「芦毛の怪物」。地方競馬笠松競馬場でデビューし、12戦10勝の成績を引っ提げて4歳(現在の馬齢表記では3歳)時に中央競馬入り。そこから重賞6連勝を果たし、その後もタマモクロススーパークリークイナリワンヤエノムテキバンブーメモリーなどのライバルと数多くの名勝負を演じた馬。

2着に敗れたとはいえ、1着馬ホーリックスと同タイムで当時の2400mの世界レコード、2分22秒2で駆け抜けたジャパンカップは、今でも語り草となっている。

そして、何より、引退レースとなった有馬記念。不振に陥ったオグリキャップの復活劇。当時、18万人を集めた中山競馬場では、割れんばかりのオグリコールがこだました。

ぬいぐるみも販売され、たくさん売れた、日本競馬史上ナンバー1のアイドルホース。

それが、オグリキャップ

そして、私も、オグリキャップに魅了されて、競馬好きになった(小学生時代というのは内緒だ)。

血統は決して一流とは言えない(母ホワイトナルビーは優秀であるが)。生まれたときは、中央競馬のクラシックの登録もされず、そこまで期待されていなかった。そんな馬が、大レースをいくつも勝ち、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ。おそらく、日本競馬史上、最も競馬が熱かった時代。

そんなオグリキャップに魅了された人であるから、もう一度、競馬が熱かった時代を蘇らせたい。

決して今の競馬がつまらないと言っているわけではない。社台グループの生産努力、世界のトップジョッキーが集まる環境、それらによって、日本競馬界は、世界でもトップレベルになったといっても間違いではない。

それでも、一頃よりは良くなったとはいえ、オグリキャップの時代に比べて競馬人口は減っている。

だからこそ、「オグリキャップをもう一度」なのである。

決して一流の血統ではないところからオグリキャップが生まれたように、社台グループ以外からでも世界に通じる名馬をつくりたい。

そんな名馬が生まれたら、もう一度名馬人口が増えるのではないか。

そして、日本に文化として競馬が位置付けられるのではないか。

そんなことを願いながら、このブログを書いていこうと思います。

 

オグリキャップのような名馬の馬主に、私が申請した人がなったら最高なんですけどね(笑)

 

というわけで、今後ともよろしくお願いします。

 

 

エルコンドルパサーとキャサリーンパーとクリソプレーズとゴールドアリュールと

早いもので12月となりました。今年も残り僅かなんですね。

今年は更新頻度を上げようと思った当ブログですが、意に反して(?)なかなか更新できず。すみません。

12月。駆け込み投稿をしないといけないのかな。

 

で、とりあえず直近であったこと。チャンピオンズカップについて書こうかと思います。

クリソベリルは強かったですし、レースレベルはものすごく高かった等語ることがいろいろありますが、レース回顧はこの広いインターネットという海のどこかにあるはず。ここではクリソベリルの血統について書いていきます。

 

クリソベリル。父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサー、母の母キャサリーンパー。

きょうだいにマリアライトリアファルがいて、近親にダンビュライトやブラックスピネル、アロンダイトなどがいる超良血。そもそも全兄クリソライトであるから、ある程度走ることは最初から約束されていたも同然でした。

とはいっても、良血だからと言って走るか分からないのが競馬界。そんな中、キャサリーンパーの牝系が芝のマイルから芝の長距離、ダートの王道路線までバラエティに富んだ馬をコンスタントに出せる理由は何なのか。そこから語っていきましょう。

 

おそらくキャサリーンパーの繁殖牝馬として優れた能力を伝える源は、Nasrullah×Malindiの全きょうだいによる3×4のクロスにあると思われます。

f:id:keiba-gyoseisyoshi:20191202184518p:plain

(出典:netkeiba)

Nasrullahはスピードと伸びをよく伝えるもの。全きょうだいクロスという手法をとることで、より特徴的なものになったのかと思われます。RibotRivermanの長距離も大丈夫な血があることで、中・長距離で持続して脚を使えるダンビュライトやマイルで伸びてくるブラックスピネルなどを輩出していることにつながっているのだと思われます。

 

そんなキャサリーンパーにエルコンドルパサーを種付けして生まれたのがクリソプレーズ。エルコンドルパサーはSpecial×Lisadellの全きょうだい3×2という濃いクロスを持ったサドラーズギャルに、Specialの血を持つKingmamboを付けて生まれたものです。その他にも様々なニアリークロスを経由しており、まあ凝縮されたものとなっています。

f:id:keiba-gyoseisyoshi:20191202185432p:plain

出展:netkeiba

キャサリーンパーとエルコンドルパサーは、ともに濃いクロスを持ちながら、掛け合わせると5代以内にはクロスが生じない、だけど、それ以降になると主要な血を増幅させるという絶妙なバランスをもった関係になります。SpecialやLisadellだってNasrullahが母の父なわけですし。

SpecialやLisadellの母であるThongの血は、短距離からクラシックディスタンス、ダートに欧州の芝まで、どんなカテゴリーの名馬にも入ってるのが多いもの。エルコンドルパサーとキャサリンパーではThongの血を濃くなりすぎない程度に増幅させる、絶妙な配合になったのでしょう。

クリソプレーズの様々なタイプの子を出す背景には、そのことがあるのでしょう。

 

個人的にクリソプレーズは繁殖牝馬として、土台を伝え、色は種牡馬の方を強く出すという特徴があるように思っています。

力のベースは自分が。だけど、どういう舞台が適しているかは父の方が出てくる。

ディープインパクトなら芝になりますし(それでも底力のようなものは母から出ている気がする。ディープにしては切れがそこまでないのもそれ)、ゴールドアリュールならアメリ羽化的なスピードとパワー。

特に、ゴールドアリュールの場合、母がSpecialであるNureyevのクロスが成立するので、よりNureyevのようなタフさ、持続的な脚が強くなってくるのだと思います。クリソライトの場合はダイオライト記念を三連覇したようなスタミナにつながりましたし、クリソベリルの勝負根性やスピードにもつながるのでしょう。

こう書いていると、オルフェーヴルを付けたエリスライトはなぜあまり走らないんだ、ということになりそうですが、この馬についてはいずれ書きたいと思います。

 

ちなみに、チャンピオンズカップ2着だったゴールドドリームはSpecialの牝系にゴールドアリュール。SpecialをいじることでゴールドアリュールNureyevを活性化させる仕掛けは同じです。

 

一昨年ゴールドアリュールは亡くなりました。

ただ、未だにダート界ではゴールドアリュールの産駒が頂点にいることが多いですし、エスポワールシチースマートファルコンのような後継種牡馬も悪くない。それどころか後継種牡馬の本命と言えるようなものが現れたのですから、ますますゴールドアリュールの血は残りそうな気配がします。実はサンデーサイレンスの父系で一番残る可能性があるのではないでしょうか。。

また、個人的には母の父ゴールドアリュール(今回のチャンピオンズカップではオメガパフュームがそうでした)もいい馬を出してくれそうな気がしております。ララベルの仔は結構楽しみ。

 

クリソベリル、どこまで連勝を伸ばしていくでしょうか。非常に楽しみです。

ロンシャンの壁なお高く

風光明媚なパリのロンシャン。

その美しさとは裏腹に、ロンシャンのコースは過酷であった。

 

Prix de l'Arc de Triomphe(凱旋門賞)、果敢に挑戦した日本馬三頭は、勝利を収めることができなかった。

日本馬最先着のキセキが7着。ブラストワンピースはブービーの11着。フィエールマンはそこから15馬身離れてのしんがり12着。結果だけ見たら大敗であった。

それでも、海外遠征に挑戦した英断は称えられるべきものであろう。まずは三頭の陣営にはお疲れ様と言いたい。

 

日本馬として初めて凱旋門賞に挑戦したスピードシンボリから半世紀。欧州風の芝のレースを重視する日本競馬界からすると、欧州競馬の芝最高峰ともいえる凱旋門賞は、目標であった。そこには、美しくも過酷な凱旋門賞というレースへの憧れがあったのかもしれないが。

1999年、エルコンドルパサー2着。

もう憧れではない、現実に勝てる所まできた。そう思ってから20年たった。

その間、現役最強馬の挑戦もあった。惜しいレースもあった。

ただ、勝利には至っていない。

 

どうすればよいのか。

 

毎度言われる馬場適正。実際あるだろう。

ただ、血統的にロンシャンの馬場が向かない、ということは、もはや言えない。欧州にいるディープインパクト産駒が活躍し、世界の名牝がディープインパクトの血を求めて種付けしに来ているのだから。

育成法が良くない。そうなのだろうか。

なら、オルフェーヴルは何だったのか。オルフェーヴルだけ特殊な育成法をしたのだろうか。そんなことはないだろう。

日本の高速馬場がいけない。その側面があるのは否めない。日本の馬場で走るときと欧州の馬場で走るときとでは走法が変わるというのだから。

と言っても、気候等で変えることは簡単にいかないだろう。それに、日本の高速馬場は「安全」を追求した結果、副産物としてできたものであるから(という風に造園する人は言っている)。できるだけクリーンに凸凹がなく走りやすい馬場にする。その理念自体は決して批判されるべきものではなく、大事なものであるのは事実なのだから。

 

そもそも、ロンシャンの馬場が向く馬なんてわかるのだろうか。

馬場を欧州風にして育成すれば、凱旋門賞を勝てるようになるのだろうか。

確率は高くなるかもしれない。

ただ、それだけでうまくいくなら苦労はしない。

当たり前だけど、最低限の走力は必要で、そのうえでの適正なのだ。これまでのやり方を変えることは悪くないが、それでだめになってしまうこともあろう。

 

一番可能性が高くなるのは、半年くらい海外遠征をして完全に欧州の馬場に慣れさせることだろう。ディアドラなんて、かなり欧州仕様の走り方になっている。

ただ、長期の海外遠征をした場合、日本に帰ってきた後の検疫に最低3か月はかかる。ということは、凱旋門賞に出た後、ジャパンカップ(あるいは有馬記念)に出るということは不可能だ。走法が欧州仕様になっているとなると、その後日本のレースで活躍できる保証もない。

言うのは簡単だけど、実行するには実はハードルが高い。

本当に勝ちたいのなら、それでもこのやり方で挑戦するという覚悟が必要なのかもしれないが。

 

多くの人が望んでいるのは、日本の芝最強馬が凱旋門賞に出て勝った後に、ジャパンカップないし有馬記念に凱旋出走する、というものなのが実情だ(これは同時に日本で微妙な馬が馬場適正で凱旋門賞を勝ってもあまり喜ばれないということも意味している。その場合でも勝者を称えてもらいたいのだが)。距離、馬場、コースなどでより細分化、専門化している世界の競馬界からすると、かなり実現が難しい願いなのかもしれない。

ただ、エネイブルがジャパンカップに出たら、あっさりと勝ってしまうのではないか、とも思えてしまう。彼女の力なら馬場適正の違いなんて些細なものだと思ってしまうから。

 

やはりやらなければいけないのは、馬場や環境の違いでも対応できる、真に強い馬の育成になるのだろう。

そのためには、挑戦すること、様々な方法を試してみること、試行錯誤して失敗して改善していくしかない。

強い馬をつくるのに近道はなく、ひとつの道しかないわけでもない。正解はなく、道のりは遠いかもしれないし、実はゴール寸前なのかもしれない。

 

強い馬をつくってやるという情熱と覚悟。

ロンシャンの壁を超えるには、やはりそのことが重要なのだろう。

結果的に抽象的で当たり前なことなのかもしれないけど、当たり前なことをするのが一番大事なのだから。

深い衝撃 深い悲しみ

ディープインパクトが亡くなった。

 

自分は、ダート競馬が好きだし、ひねくれ者でもあるので、いかにも「エリートの英雄」な感じがするディープインパクトのことは、特別に好きというわけではなかった。

ただ、それでも様々なレースが思い出される。

この馬に三冠を持っていかれると感じた若駒ステークス

横山典弘騎手が完ぺきな騎乗をしたにもかかわらず力でねじ伏せた菊花賞

引退レースとなった有馬記念は、フジテレビの三宅アナの実況もラジオNIKKEIの小林アナの実況も含めて覚えている。

 

亡くなったことがトップニュースとして取り扱われる馬。競馬を知らない人でもその存在を知っていた馬。

それが、ディープインパクトだった。

 

競走成績だけでなく、種牡馬としても優秀だった。

日本で8年連続リーディング。世界のクラシックレースにも出走し、勝った産駒だっている。

産駒が種牡馬として供用されているのは、アメリカ、アイルランド、フランス、イタリア、南アフリカニュージーランド、オーストラリアに、トルコやチリまで。世界各地にディープインパクトの血は拡がっている。

 

馬主の人でも、いつかはディープ産駒を持ちたい、それでダービーを勝ちたいと思う人はいっぱいいたであろう。

 

世界中に影響を与えたスーパーホース。

こんなスーパーホースが亡くなってしまったことに、深い衝撃を受けている。深い悲しみにくれている。

 

それでも、競馬は続く。悲しんでばかりではいられない。

そして、ディープインパクトを超す馬を育てよう。

それこそが、ディープインパクトに対する最大の供養であるかもしれない。

 

お悔やみ申し上げます。

書くことあれこれ

お久しぶりです。

前回のブログから1か月以上が経ってしまいました。

その間、競馬界にはいろいろとありましたね。

前回のブログの続きでいうと、騎乗停止となったルメールかしわ記念を勝って、謝りながらインタビュー、そして休暇(結構楽しんでいたような)。ルメールの代役となったレーンはヴィクトリアマイルを勝つも、東京優駿では残念な結果に。

他にJRAでは、東京優駿が行われ、2歳の新馬も始まり、北海道シリーズも始まりと、夏競馬へと移ろう感じ。ただ、前代未聞の大規模となる禁止薬物混入事件などもあって、揺らいでいる気もします。

地方では、的場文男のいない東京ダービーが行われたり、柏木騎手の大怪我があったり…。

悲喜こもごも。それでも競馬は続きます。

 

個人的には、久しぶりに東京優駿を見に行きました。これは後でブログに載せましょうか。

もちろん、今年も東京ダービーにいっています。こちらもブログで感想を書きたいと思います。

 

ここで告知。

私(野田洋平)が武蔵小杉にあるコミュニティワインバー「こすぎのENGAWA」で6月22日(土)に競馬イベントを行うこととなりました。

kosugi-engawa.com

お酒などを飲みながら、みんなで翌日行われる宝塚記念など競馬のことを語りあいましょう、という企画です。

参加料等は特にかかりません(もちろん、飲食代はかかりますが)。

ご参加いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

 

今回はこんなところで。

ダービー観戦記も書かないといけませんね。

 

審議だらけの一日

アメリカで歴史的な降着が起こった約5時間半後、日本でもG1レースで降着が起こった。それも、一番人気の馬で。

NHKマイルカップ。最後の直線、残り400m付近の地点で前が少し開いたところでグランアレグリアが横にいたダノンチェイサーを弾き飛ばして前に出ようとした。それ原因となって、グランアレグリア降着となった。

日本はアメリカとは異なる審議制度(カテゴリー1)であり、被害馬が加害馬より先着できたといえない限りは降着とならない。

確かにグランアレグリアとダノンチェイサーの差はクビ差。不利がなければ先着していたかもしれない。

しかし、残り400m付近での出来事。十分巻き返せる距離があるのではないか。

ましてやG1で勝負がかかっている地点。あれくらいのアタックはありうる範囲ではないか。

「あれで降着はかわいそう」

実際、騎手の間では乗っていたルメールを擁護する声もあるという。

 

個人的に今回の事案は、降着もあるかな、という感じである。

審議制度がカテゴリー1となってから降着になったのは13件。クビ差は降着があるケースだ。

今回、前が開いた瞬間を狙ってのアタックと見られてもしょうがない感じであり、「わざと」やった(あえてこう言う)とも思える。

ならば、故意にやったことも考慮して、クビ差なら降着にしてもいいだろう、という判断になったのだと思う。

 

ただ、今回の処分で問題となったのは、降着だけでない。ルメールが5月11日から16日間騎乗停止になったのである。

騎手が擁護しているように、今回は降着にならない可能性もあるギリギリのケースであり、過怠金ならともかく、16日間も騎乗停止になるのはおかしいのではないか。

16日間の騎乗停止となった理由の一つが、3月2日に不注意騎乗で騎乗停止となったのに、短期間で同様の騎乗をしたからだという。言ってみれば「再犯加重」だ。裁決レポートには出ていないが、皐月賞での騎乗も考慮されていたと思われる。

G1ともなれば、誰もが勝ちたいので、自然と厳しいレースとなる。ましてや上位人気となれば、「勝たなければいけない」プレッシャーから強引な騎乗をしてしまうこともある(皐月賞のサートゥルナーリアもNHKマイルカップのグランアレグリアも一番人気であった)。実際、積極的に勝とうとするルメールの騎乗を褒めていた人はいたと思う。

ただ、同時に安全で公平でなければ競馬はいけない。大きなレースならなおさらだ。

今回、JRA側は処分を重くすることでG1での相次ぐルメールの強引な騎乗に釘を刺したともいえよう。裁決処分の範囲内で。

 

今回の処分は直前にブラストワンピースの鞍上が池添からルメールに変更すると発表された等でルメール一極集中体制に対し文句が出てきたタイミングでのものだった。だから、なおさら話題となった部分はある。

ただ、ルメール一極集中体制と今回の重い処分は無関係だ(間接的にルメールに馬が集まることでルメールにプレッシャーがかかって強引な競馬をしがちになる、というのはあるにせよ)。

処分が重いと感じるかは、正直個人の価値観としか言いようがない。再犯加重ともいえる処分を認めるかは意見が分かれるところだろう。

だから審議の処分はいつも問題となる。

ひとつ望むのは、なるべく迅速で根拠をはっきりと示した処分をすること。審議の制度があるのは、安全かつ公平な競馬を行うためだから。ファンにその担保をするためにも。

 

さて、騎乗停止で東京優駿までも乗れなくなったルメール。その翌日にはかしわ記念があったのだが、その話は次回にでも。

名誉だからこそ難しい

「My Old Kentucky Home」を歌って出走馬を迎え、勝者にはバラのレイを贈り称える。あらゆるスポーツでもっとも偉大な2分間。ケンタッキーダービーというのは、世界の競馬の中でもっとも勝ちたいと思われるレースの一つだ。

だからこそ、そこでの勝利は何よりの名誉となる。

 

今年のケンタッキーダービーは歴史に残る波乱の決着となった。

もちろん、日本で発売された馬券で3連単が1600万円馬券となったというのもある。

ただ、それ以上に波乱だったのが、20分以上にわたる審議の末、1位入線馬が降着となり、2着入線馬が繰り上がって優勝したことである。これは、145回行われた長い歴史のあるケンタッキーダービーで初めてのことだった(ダンサーズイメージが薬物で1着から失格になったことはあるが)。

レースは降りしきる雨の下、泥の馬場で行われた。スタートよく逃げたマキシマムセキュリティ。そのまま汚れず先頭でゴール板を駆け抜けた。無敗の5連勝。新しいスターの誕生に観客は沸いた。

しかし、異議申し立てがあり、審議に。結果的にマキシマムセキュリティが3、4コーナー中間で外にふくれ、ロングレンジトディの進路が狭くなり大きく後退。その加害馬としてマキシマムセキュリティがロングレンジトディの次の着順(17着)に降着することとなった。

この裁決にアメリカ全体で賛否両論が巻き起こっている。

降着処分が決まった瞬間、チャーチルダウンズ競馬場で怒号交じりの悲鳴が起きる映像も見た。トランプ大統領Twitterで「ケンタッキーダービー降着はおかしい」旨のツイートまでしている。

日本では一番人気、アメリカでも二番人気だったマキシマムセキュリティの降着。それも、アメリカ競馬でもっとも強いとされる逃げ切りで、1馬身4分の3の差をつけての入線なのだ。3、4コーナーでの進路妨害がなくても勝っていたのはマキシマムセキュリティであるし、ケンタッキーダービーという名誉あるレースの勝者にふさわしいのは一番強い競馬をしたマキシマムセキュリティだ。

そう思うのもわかる。

ただ、ロングレンジトディの進路が狭くなったのも事実で、実際ロングレンジトディはこの不利により先頭集団から一気に後方まで下がってしまっている。

失格・降着制度について以前の日本のようなカテゴリー2を採用しているアメリカの競馬なら、降着処分もやむを得ないのではないか。そういう見方もできる。

失格・降着制度がなければ「やったもの勝ち」となってしまい、公平で安全な競馬が保障されない以上、制度として必要なのは当然だ。

同時に、判断するのは人間である以上、絶対的な基準は作りにくい。作っても評価、認定する際に結論が変わることもある。

ケンタッキーダービーという大レースだからこそ結果を重視すべきというのもわかるし、厳格に判断すべきというのも理解できる。

多分正解はないのだろう。

ケンタッキーダービーが名誉あるレースだからこそ、結論を出すのはより難しくなる。

ただ、どういう結論になっても、後味が悪くなってしまうのは同じだ。

だから、せめて勝者は称えよう。

今回ならカントリーハウスとプラ騎手と、モット師を。何しろモット師は数々の大レースを勝ち競馬殿堂入りをしながら、これがケンタッキーダービーの初制覇なのだから。

 

ケンタッキーダービー降着から5、6時間後、日本でも降着騒ぎが起こるが、それは次回のブログで。

変わるもの 変わらないもの

もうすぐ平成が終わろうとしている。

年号が変わる意味合いは昔ほどないのかもしれないし、何もかもが新しくなるわけではない。日常はつづく。それでも、ちょうど大型連休。この機会にひとつの時代を振り返るのもいいかもしれない。

時代によって、変わったことなども含めて。

 

JRAでいえば、平成最後のG1競走が終わった。

天皇賞(春)。平成でこのレースほど意味合いが変わった、ひいては最近の競馬が変わったと実感するレースはないだろう。

かつては「八大競走」の一つとして、古馬にとって最も名誉あるレースだった。

それが、スタミナよりスピードを求める競馬となり、ステイヤーは前より持て囃されなくなった。そのことにより、天皇賞(春)に出る馬も、頭数が減ってきた。

今回は13頭立て。G1を勝っていたのはフィエールマンのみという状況だった。

必ずしも天皇賞を勝つのが名誉というわけではない。より馬にとって適性があり、引退後の価値が上がるレースに出る。そういう流れになってきた。

 

そして、今回の天皇賞(春)の結果で、また時代は変わったということを実感する。これまで天皇賞(春)を勝てなかったディープインパクト産駒がワンツーフィニッシュを決めたのだから。

もともとディープインパクトの遺伝子は長距離型であるので、これまで勝てなかったのが不思議という見方はできる。とはいえ、ディープインパクト産駒のキレはクラシックディスタンスでこそのものであり、より長い距離だと鈍るものであった。

今回ディープインパクト産駒がワンツーを決めたのは中盤で一気にペースが落ちるラップであったからかもしれない。とはいえ、天皇賞(春)ディープインパクト産駒が勝ったのは事実だ。より競馬が瞬発力重視へと流れていくのは間違いないだろう。

もう一つは、勝ったフィエールマンも2着のグローリーヴェイズも1月以降レースを使わず天皇賞(春)に臨んだこと。これは、桜花賞の後にも書いたが、調教技術の発達により、レースに使わなくても負荷をかけられるようになったこと、休み明けでもレース感が鈍らず、フレッシュな状態で力が発揮できやすくなったことなどが理由としてあげられる。

レースレベルの向上で、1回競馬使うことによる負担は以前よりも増したと考えられる。ならば、レース間隔をあけたほうが疲れのないいい状態で出られる、というわけだ。

社台グループを中心に、この傾向はますます強くなるであろう。トライアルレースなどの重要性も変わってくるに違いない。

 

ただ、変わらないものもあった。

日本競馬の長距離界はメジロの血とともにあった。

古くはメジロアサマ。その産駒であるメジロティターン

平成になると、メジロティターンの子であるメジロマックイーンが長距離界の頂点に君臨した。

そして、今回の天皇賞(春)牝馬三冠馬メジロラモーヌの牝系からなるグローリーヴェイズが2着に入った。

よりスピードが求められる時代となっても、なお天皇賞(春)で好走するメジロの血。そこに、メジロの紡いできた血の思いが感じられる。

 

確かに、時代によって競馬のトレンドは変わっていく。

しかし、それでも変わらないものがある。

より強い馬をつくろうという人々の思いと、競走馬の親から子へ代々受け継がれていく血のロマン。無事に走ってくれという祈り。などなど。

平成が終わり、令和になる。

令和になっても、競馬の魅力は変わらず残る。そう信じて。