オグリキャップをもう一度

競馬好きの行政書士が競馬について気ままに書くブログ 馬主申請の代行も行っております

ご挨拶

初めまして。

当ブログにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。

オグリキャップをもう一度」の管理人である、野田洋平と申します。

品川区の五反田にある「野田洋平行政書士事務所 」で行政書士をやっております。

主な業務として、法人設立や相続・遺言関連、補助金申請の手助けなどを手がけております。

それに加えて、最近は、馬主申請の代行もしております。

競馬好きなら、やはり馬主には憧れるもの。競馬好きとして、そのお手伝いが出来たら、と思っております。

 

まあ、そんな商売のお話は置いといて(置いておくのか)、なんでこのようなブログを開設したかについて、話します。

 

オグリキャップをもう一度」

オグリキャップ。昭和の最後~平成の初めに活躍した「芦毛の怪物」。地方競馬笠松競馬場でデビューし、12戦10勝の成績を引っ提げて4歳(現在の馬齢表記では3歳)時に中央競馬入り。そこから重賞6連勝を果たし、その後もタマモクロススーパークリークイナリワンヤエノムテキバンブーメモリーなどのライバルと数多くの名勝負を演じた馬。

2着に敗れたとはいえ、1着馬ホーリックスと同タイムで当時の2400mの世界レコード、2分22秒2で駆け抜けたジャパンカップは、今でも語り草となっている。

そして、何より、引退レースとなった有馬記念。不振に陥ったオグリキャップの復活劇。当時、18万人を集めた中山競馬場では、割れんばかりのオグリコールがこだました。

ぬいぐるみも販売され、たくさん売れた、日本競馬史上ナンバー1のアイドルホース。

それが、オグリキャップ

そして、私も、オグリキャップに魅了されて、競馬好きになった(小学生時代というのは内緒だ)。

血統は決して一流とは言えない(母ホワイトナルビーは優秀であるが)。生まれたときは、中央競馬のクラシックの登録もされず、そこまで期待されていなかった。そんな馬が、大レースをいくつも勝ち、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ。おそらく、日本競馬史上、最も競馬が熱かった時代。

そんなオグリキャップに魅了された人であるから、もう一度、競馬が熱かった時代を蘇らせたい。

決して今の競馬がつまらないと言っているわけではない。社台グループの生産努力、世界のトップジョッキーが集まる環境、それらによって、日本競馬界は、世界でもトップレベルになったといっても間違いではない。

それでも、一頃よりは良くなったとはいえ、オグリキャップの時代に比べて競馬人口は減っている。

だからこそ、「オグリキャップをもう一度」なのである。

決して一流の血統ではないところからオグリキャップが生まれたように、社台グループ以外からでも世界に通じる名馬をつくりたい。

そんな名馬が生まれたら、もう一度名馬人口が増えるのではないか。

そして、日本に文化として競馬が位置付けられるのではないか。

そんなことを願いながら、このブログを書いていこうと思います。

 

オグリキャップのような名馬の馬主に、私が申請した人がなったら最高なんですけどね(笑)

 

というわけで、今後ともよろしくお願いします。

 

 

トキノノゾミがたんぽぽ賞を勝ったことで考えるいくつかのこと

前回のブログで書いたブラヴールが京浜盃も制覇。

keiba-gyoseisyoshi.hatenablog.com

南関東競馬所縁の血統馬が同じ舞台で活躍するのって、いいですよね。「競馬は血統のロマン」といわれる意味がよくわかります。

 

さて、今回の本題へ。

ネタとしては2月の出来事なので、古くなってはいますが、いろいろと勉強になるところがありましたので。

2月27日、佐賀競馬場JRA交流たんぽぽ賞が行われ、川崎の八木正喜厩舎所属のトキノノゾミが優勝しました。同レースは九州産の馬限定の競走で、地方勢が勝つのは14年ぶりという快挙でした。

もちろん、14年ぶりに地方勢が勝ったというのも大きな出来事に違いありません。

ただ、それだけでなく、トキノノゾミが勝ったというのは、九州の馬産地全体で考えて象徴的なことだったと思われるのです。

 

①そもそもこの血統の馬が九州産でいたのか

フリオーソ×母父ゴールドアリュール。個人的にニックス配合だと思う上に、客観的にもダート競馬で考えたらなかなかいい血統。全兄ステラライトは黒潮盃にも出走したくらいの活躍馬でしたし、なにしろ「華麗なる一族」であるイツトーの牝系。

母プラチナアリュールを購入した田上勝雄さんの決断は、なかなかのものだったと思います。

古くは火山性の牧草に適した地帯であったことから馬の生産に向いていた宮崎県ですが、近年は牧場の数も生産数も施設も圧倒的な北海道に押され、衰退気味。

それでも、少しでも強い馬をつくろうという心意気は持ち続けているという印象を受けました。

 

九州産馬でも1000万円以上で落札された

トキノノゾミはJRAブリーズアップセールで1100万円で落札されました。これは、一般的に北海道産の馬より力が劣るといわれている九州産の馬では異例の価格です。

そうなると、購入代金を回収するのは困難なのでは、と常識的には考えられます。

しかし、たんぽぽ賞を勝ったことによって、獲得賞金は1202万円に。諸経費等を考えれば完全に回収したことにはなりませんが、購入代金以上の賞金は稼いだことになります。

 

南関東に入った

トキノノゾミが今までの九州産と違うのは、血統面もありますが、南関東に入れたということにあると思います。

基本的に九州産馬は九州に競馬場のあるJRA佐賀競馬に入ることが多いです。

JRAに入れば、九州産馬限定のひまわり賞とこのたんぽぽ賞を勝てば、3000万円近く稼ぐことは可能です。ただ、厩舎への預託料は地方よりも高く、諸経費はかかります。そのうえ、JRAで3000万円も稼ぐと以降のレースは強敵ぞろいとなってしまい、よほどの強さを持った馬でないと大敗続きで賞金が入らなくなってしまいます。

かといって、佐賀競馬所属ですと賞金が安い。たんぽぽ賞を勝てばかなりの賞金を手に入れることができますが、ずっとJRA勢に勝てなかったことからわかるように、施設の面で難しいのも事実です。

しかし、南関東なら佐賀よりは諸経費が掛かるものの、JRAより格安で馬を預けることができます。また、賞金もJRAほどでないにしても、そこそこあります。たんぽぽ賞を勝ってクラスが上がったとしても、ある程度血統がよくたんぽぽ賞を勝てるレベルにある馬なら、その後も入着、場合によっては勝つことも可能だと思われます。

 

そうすると、「あえて九州産の馬を狙う」という戦略もありなのかもしれません。

確かに今回は受胎していた母馬が九州に移って産んだ仔という特殊ケースではありますが、今後もそのケースには注目しないといけないと思います。

 

ちなみに、たんぽぽ賞2着馬ウィンウィンボルトは道営デビュー後佐賀に移籍した馬。ホッカイドウ競馬は2歳の早い時期から走らせることができるうえに、育成施設も充実しており、そこで鍛えて転入というのは昔から多くありました。輸送費等かかりますが、メリットも多いと思います。

 

JRAでは青森県産のミライヘノツバサが重賞のダイヤモンドSを勝ったように、北海道以外の場所で生産された馬の活躍が目立っています。

このような掘り出し物を見つけるのも馬主生活の醍醐味かもしれませんね。

夢の血統がクラシックへと駒を進める

「言わずもがな夢の血統」

日刊競馬吉川彰彦さんの言葉を借りるとそうなる。ブラヴールのことだ。

f:id:keiba-gyoseisyoshi:20200229164908p:plain

ブラヴールの血統(出典:netkeiba)

父セレンは弾ける末脚で東京記念など南関東の重賞を4勝した馬。母チャームアスリープ南関東牝馬三冠馬。ともに村田牧場の生産で、山口美樹さんが馬主となり、佐藤賢二厩舎に入り、石崎隆之騎手を背に南関東で活躍した。

だからこそできた「夢の血統」なのである。

 

 

新馬を勝った後は不利などもあって2着続きだった同馬。

クラシックトライアルでこれまでのうっ憤を晴らすかのように快勝。これでクラシック出走の権利を得ることができた。

 

両親に似た美しい栗毛。父のような弾ける末脚。母のような迫力のある走り。

南関東競馬のファンなら、やはり夢を見てしまう。

南関東所縁の血統で、南関東のクラシックを制する。前年の東京ダービーでのヒカリオーソ(父フリオーソ)もそうであるが、そんな馬が増えれば南関東競馬はもっと盛り上がる。南関東競馬ファンが増える。

 

ブラヴール自身はまだまだ成長しそうな馬体。

クラシックでどんな走りを見せるか、楽しみである。

今年の競馬の「幕開け」について

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

このブログに関する今年の目標は、更新率のアップです。なるべく更新するよう努力いたしますので、よろしくお願いします。

 

今年一発目のブログ。南関東競馬好きの私としては、これにしようと思ったのが、今年の南関東競馬最初のレースとなった、川崎競馬1R「2020幕開け特別」について。

このレースを勝ったのがボンモマンという馬でした。

ボンモマンの父は、東京ダービー馬であるアンパサンド。母は道営の重賞リリーカップを勝ったビーボーン。

これだけでも地方競馬好きのマニアックな人にとっては応援したくなる血統。

しかも、ブロケードという牝馬のクロスがあるのです。

ブロケード柴田正人騎手を主戦に桜花賞を勝った名牝。サンシャイン牧場が功労馬として大事にしてきた馬です。

ブロケード自体はこれといった活躍馬を生むことはなかったですけど、大事にされたため、その孫や曾孫といった代で徐々に活躍馬が出てきました。

その活躍馬同士の配合。これはサンシャイン牧場だからこそできたものですし、サンシャイン牧場の想いが詰まったものでもあります。

 

ちなみに、2020幕開け特別の2着馬はブラヴール。こちらの父は東京記念などを勝ったセレン、母は南関東三冠牝馬チャームアスリープという血統で、やはり南関東競馬ファンなら応援したくなるような血統の馬でした。父と母がともに同じ馬主であったという縁で、このような配合がなされたということです。

 

アンパサンドもセレンも南関東競馬所属の馬で、正直マイナー種牡馬であります。

しかし、人々の想いや縁によって、その血は残っていく可能性もあります。強い産駒が生まれる可能性もあります。

競馬は想いをつないでいくスポーツ。そんな気持ちにさせられました。

 

ボンモマンはフランス語で「幸せなひととき」という意味。

今年一年、たくさんの人に幸せなひとときが増えますように。

モジアナフレイバーは東京大賞典で金星をあげられるだろうか

前回のブログで「モジアナフレイバー」について書くと言ってしまったので、今回はそちらを。

それにしても、遅筆のため、その間に書きたいことが増えて書けなくなるという…。

愚痴はこれくらいにして、本題へ。

 

モジアナフレイバーが勝った勝島王冠の内容は、凄味すら感じるものだった。ノンコノユメサウンドトゥルーといったG1級勝ち馬相手に完勝。上り3Fは36秒台を計測した。

もとより将来を期待されてきた同馬。じわじわと距離を伸ばし、大事に使われながらの3歳時。まだ体が緩く、完成していない時点でクラシックでも差のない競馬を繰り広げてきた。

明けて4歳の今年。久しぶりのマイル戦であり、遠征競馬でもあった南部杯ゴールドドリームと接戦。それも、4コーナーで外に張られながらであり、力があるところは存分と見せた。

その後の勝島王冠の内容。それを考えれば、地元大井も含めて、十分相手になる。

 

そんなモジアナフレイバーの強さを血統的に言うと、Northern DancerMr.Prospectorの継続クロスにある。父バトルプランNorthern Dancerの4×4とMr.Prospectorの4×3を持っており、そこにNorthern DancerMr.Prospectorを4代前に持っているナスケンアイリスを配合することによって、Northern DancerMr.Prospectorを影響力を継続させる。

Mr.Prospectorはしなやかなスピードとパワーを伝えることが多い半面、しなやかさが若いときだと緩さにつながってしまうこともある。そこに成長力とがっしりとした器用さを伝えるNorthern Dancerも入れることで、Mr.Prospectorの欠点が歳を重ねるごとに解消されてきた。4歳でも春より秋の方がより良くなってきたのは、そのためであろう。

 

とはいえ、Northern DancerMr.Prospectorも取り立てて珍しい血ではない。むしろ、今の日本ではほとんどの馬にどちらかは入っている。

なら、モジアナフレイバーがJRA勢の一線級とも互角に渡り合えるようになった要因は他にもあるのかもしれない。もちろん、環境面等もあるが、血統面では、ナスケンアイリスの牝系の素晴らしさにあろう。

きょうだいのナスケンリュウジン、ネクストムーブはJRA3勝、オーブスプリングは道営の重賞フローラルカップを勝利、現2歳のヴァルストは新馬勝ち、ゴルトマイスターに至ってはオープン入りを果たし重賞制覇の期待もかけられているほどの馬である。そうなると、ナスケンアイリスは隠れた名繁殖牝馬といえよう。その源となっているのは8代前の母Aloeから連なる牝系にある。

今の日本でAloeの牝系で一番有名なのはウインドインハーヘアであろう。そう、ディープインパクトの母である。

他にもその牝系はエタンやKnown Fact、Gone Westなども出しており、世界的にも一流の系統であると同時に、なお活力のあるものだ。

ディープと同じ牝系と考えるとパワー不足のようにも思われるが、ウインドインハーヘアの系統からは帝王賞を勝ったゴルトブリッツが出ているように、日本のダートもこなせるだけの下地はある。

根底に流れる名牝系と、積み上げられた世界的な流行の血であるNorthern DancerMr.Prospectorの継続クロス。その結果、力をつけてきたのがモジアナフレイバーなのだ。

 

年末の大一番、東京大賞典。モジアナフレイバーは好枠といえる4枠5番に入った。

牝馬やスプリント戦ではJRA相手にも勝てる地方馬はいたが、クラシックディスタンスである2000m前後の距離では好勝負できる馬すら久しく出ていなかった。

フリオーソ以来のクラシックディスタンスでの地方勢勝利。その瞬間を、ぜひとも見たい。

 

 

いろいろあるけど、とりあえずダイワメジャーとSadler's Wellsについて

先週の競馬はいろいろなことがありました。

平日ですと、モジアナフレイバーが勝った勝島王冠。

土日は、藤田菜七子騎手のJRA重賞初勝利に阪神JF、さらに香港デーでの日本馬の活躍。

書きたいことがたくさん。

時系列的にはモジアナフレイバーから書くべきなんでしょうけど、それは次にでも。

今回は、レシステンシアとアドマイヤマーズという2頭のダイワメジャー産駒について書こうと思います。

 

12月8日(日)、阪神JFでレシステンシア、香港マイルでアドマイヤマーズと、ダイワメジャー産駒が日本と香港のG1を同日に制するという快挙を成し遂げました。

この2頭に共通しているのが、母がSadler's Wells持ちだという点です。

 

そもそも、ダイワメジャーサンデーサイレンス×スカーレットブーケという血統なので、ヴァーミリアンの母スカーレットレディ(父サンデーサイレンス×母スカーレットローズ(スカーレットブーケの全姉))と同じ配合。ヴァーミリアンの父エルコンドルパサーはSadler's Wellsを強調した配合だったので、ならダイワメジャーもSadler's Wells持ちの相手と好相性なのでは、と考えたのです。

 

ただ、母がSadler's Wells持ちである場合とそうである場合とを比べると、平均した勝率や獲得賞金で大差がなかったというデータが。

これは、おそらく重すぎる、軽快さに欠けるというSadler's Wellsの良くない影響が出すぎたからだと思われます。

 

実際、レシステンシアとアドマイヤマーズ以外にも母がSadler's Wells持ちであるダイワメジャー産駒で活躍したのがいます。メジャーエンブレムやシゲルピンクダイヤです。

 

メジャーエンブレムとシゲルピンクダイヤ、そしてレシステンシアには共通点があります。牝馬であること、そして、Danzig持ちであるということです。

DanzigはSadler's Wellsの持つパワフルさを損なうことなく、スピードを増幅させるのことを可能にしているようです。

また、牝馬であることから、Sadler's Wellsの重さよりもしなやかさが出てくるというのも考えられるかもしれません。

そう考えると、阪神芝1600mの阪神JFでレシステンシアが勝ったのは、血統的に当然といえるかもしれません。

 

アドマイヤマーズに関してはDanzigを持っていません。

ただ、昨年書きましたが、アドマイヤマーズの場合、Haloのクロスによる軽快さがSadler's Wellsの重さを解消しているのだと思われます。

 

Sadler's Wellsの血は、世界で見たら主流も主流の血統です。しかも、上手に使えば長くパワフルに切れる脚を使える産駒が出るものでもあります。

今後、ただの「切れ」以上が求められるようになったとき、日本でもSadler's Wellsの血がより重要になるのではないでしょうか。

そうなったとき、このあたりの配合はヒントになるかもしれません。

エルコンドルパサーとキャサリーンパーとクリソプレーズとゴールドアリュールと

早いもので12月となりました。今年も残り僅かなんですね。

今年は更新頻度を上げようと思った当ブログですが、意に反して(?)なかなか更新できず。すみません。

12月。駆け込み投稿をしないといけないのかな。

 

で、とりあえず直近であったこと。チャンピオンズカップについて書こうかと思います。

クリソベリルは強かったですし、レースレベルはものすごく高かった等語ることがいろいろありますが、レース回顧はこの広いインターネットという海のどこかにあるはず。ここではクリソベリルの血統について書いていきます。

 

クリソベリル。父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサー、母の母キャサリーンパー。

きょうだいにマリアライトリアファルがいて、近親にダンビュライトやブラックスピネル、アロンダイトなどがいる超良血。そもそも全兄クリソライトであるから、ある程度走ることは最初から約束されていたも同然でした。

とはいっても、良血だからと言って走るか分からないのが競馬界。そんな中、キャサリーンパーの牝系が芝のマイルから芝の長距離、ダートの王道路線までバラエティに富んだ馬をコンスタントに出せる理由は何なのか。そこから語っていきましょう。

 

おそらくキャサリーンパーの繁殖牝馬として優れた能力を伝える源は、Nasrullah×Malindiの全きょうだいによる3×4のクロスにあると思われます。

f:id:keiba-gyoseisyoshi:20191202184518p:plain

(出典:netkeiba)

Nasrullahはスピードと伸びをよく伝えるもの。全きょうだいクロスという手法をとることで、より特徴的なものになったのかと思われます。RibotRivermanの長距離も大丈夫な血があることで、中・長距離で持続して脚を使えるダンビュライトやマイルで伸びてくるブラックスピネルなどを輩出していることにつながっているのだと思われます。

 

そんなキャサリーンパーにエルコンドルパサーを種付けして生まれたのがクリソプレーズ。エルコンドルパサーはSpecial×Lisadellの全きょうだい3×2という濃いクロスを持ったサドラーズギャルに、Specialの血を持つKingmamboを付けて生まれたものです。その他にも様々なニアリークロスを経由しており、まあ凝縮されたものとなっています。

f:id:keiba-gyoseisyoshi:20191202185432p:plain

出展:netkeiba

キャサリーンパーとエルコンドルパサーは、ともに濃いクロスを持ちながら、掛け合わせると5代以内にはクロスが生じない、だけど、それ以降になると主要な血を増幅させるという絶妙なバランスをもった関係になります。SpecialやLisadellだってNasrullahが母の父なわけですし。

SpecialやLisadellの母であるThongの血は、短距離からクラシックディスタンス、ダートに欧州の芝まで、どんなカテゴリーの名馬にも入ってるのが多いもの。エルコンドルパサーとキャサリンパーではThongの血を濃くなりすぎない程度に増幅させる、絶妙な配合になったのでしょう。

クリソプレーズの様々なタイプの子を出す背景には、そのことがあるのでしょう。

 

個人的にクリソプレーズは繁殖牝馬として、土台を伝え、色は種牡馬の方を強く出すという特徴があるように思っています。

力のベースは自分が。だけど、どういう舞台が適しているかは父の方が出てくる。

ディープインパクトなら芝になりますし(それでも底力のようなものは母から出ている気がする。ディープにしては切れがそこまでないのもそれ)、ゴールドアリュールならアメリカ的なスピードとパワー。

特に、ゴールドアリュールの場合、母がSpecialであるNureyevのクロスが成立するので、よりNureyevのようなタフさ、持続的な脚が強くなってくるのだと思います。クリソライトの場合はダイオライト記念を三連覇したようなスタミナにつながりましたし、クリソベリルの勝負根性やスピードにもつながるのでしょう。

こう書いていると、オルフェーヴルを付けたエリスライトはなぜあまり走らないんだ、ということになりそうですが、この馬についてはいずれ書きたいと思います。

 

ちなみに、チャンピオンズカップ2着だったゴールドドリームはSpecialの牝系にゴールドアリュール。SpecialをいじることでゴールドアリュールNureyevを活性化させる仕掛けは同じです。

 

一昨年ゴールドアリュールは亡くなりました。

ただ、未だにダート界ではゴールドアリュールの産駒が頂点にいることが多いですし、エスポワールシチースマートファルコンのような後継種牡馬も悪くない。それどころか後継種牡馬の本命と言えるようなものが現れたのですから、ますますゴールドアリュールの血は残りそうな気配がします。実はサンデーサイレンスの父系で一番残る可能性があるのではないでしょうか。。

また、個人的には母の父ゴールドアリュール(今回のチャンピオンズカップではオメガパフュームがそうでした)もいい馬を出してくれそうな気がしております。ララベルの仔は結構楽しみ。

 

クリソベリル、どこまで連勝を伸ばしていくでしょうか。非常に楽しみです。

ロンシャンの壁なお高く

風光明媚なパリのロンシャン。

その美しさとは裏腹に、ロンシャンのコースは過酷であった。

 

Prix de l'Arc de Triomphe(凱旋門賞)、果敢に挑戦した日本馬三頭は、勝利を収めることができなかった。

日本馬最先着のキセキが7着。ブラストワンピースはブービーの11着。フィエールマンはそこから15馬身離れてのしんがり12着。結果だけ見たら大敗であった。

それでも、海外遠征に挑戦した英断は称えられるべきものであろう。まずは三頭の陣営にはお疲れ様と言いたい。

 

日本馬として初めて凱旋門賞に挑戦したスピードシンボリから半世紀。欧州風の芝のレースを重視する日本競馬界からすると、欧州競馬の芝最高峰ともいえる凱旋門賞は、目標であった。そこには、美しくも過酷な凱旋門賞というレースへの憧れがあったのかもしれないが。

1999年、エルコンドルパサー2着。

もう憧れではない、現実に勝てる所まできた。そう思ってから20年たった。

その間、現役最強馬の挑戦もあった。惜しいレースもあった。

ただ、勝利には至っていない。

 

どうすればよいのか。

 

毎度言われる馬場適正。実際あるだろう。

ただ、血統的にロンシャンの馬場が向かない、ということは、もはや言えない。欧州にいるディープインパクト産駒が活躍し、世界の名牝がディープインパクトの血を求めて種付けしに来ているのだから。

育成法が良くない。そうなのだろうか。

なら、オルフェーヴルは何だったのか。オルフェーヴルだけ特殊な育成法をしたのだろうか。そんなことはないだろう。

日本の高速馬場がいけない。その側面があるのは否めない。日本の馬場で走るときと欧州の馬場で走るときとでは走法が変わるというのだから。

と言っても、気候等で変えることは簡単にいかないだろう。それに、日本の高速馬場は「安全」を追求した結果、副産物としてできたものであるから(という風に造園する人は言っている)。できるだけクリーンに凸凹がなく走りやすい馬場にする。その理念自体は決して批判されるべきものではなく、大事なものであるのは事実なのだから。

 

そもそも、ロンシャンの馬場が向く馬なんてわかるのだろうか。

馬場を欧州風にして育成すれば、凱旋門賞を勝てるようになるのだろうか。

確率は高くなるかもしれない。

ただ、それだけでうまくいくなら苦労はしない。

当たり前だけど、最低限の走力は必要で、そのうえでの適正なのだ。これまでのやり方を変えることは悪くないが、それでだめになってしまうこともあろう。

 

一番可能性が高くなるのは、半年くらい海外遠征をして完全に欧州の馬場に慣れさせることだろう。ディアドラなんて、かなり欧州仕様の走り方になっている。

ただ、長期の海外遠征をした場合、日本に帰ってきた後の検疫に最低3か月はかかる。ということは、凱旋門賞に出た後、ジャパンカップ(あるいは有馬記念)に出るということは不可能だ。走法が欧州仕様になっているとなると、その後日本のレースで活躍できる保証もない。

言うのは簡単だけど、実行するには実はハードルが高い。

本当に勝ちたいのなら、それでもこのやり方で挑戦するという覚悟が必要なのかもしれないが。

 

多くの人が望んでいるのは、日本の芝最強馬が凱旋門賞に出て勝った後に、ジャパンカップないし有馬記念に凱旋出走する、というものなのが実情だ(これは同時に日本で微妙な馬が馬場適正で凱旋門賞を勝ってもあまり喜ばれないということも意味している。その場合でも勝者を称えてもらいたいのだが)。距離、馬場、コースなどでより細分化、専門化している世界の競馬界からすると、かなり実現が難しい願いなのかもしれない。

ただ、エネイブルがジャパンカップに出たら、あっさりと勝ってしまうのではないか、とも思えてしまう。彼女の力なら馬場適正の違いなんて些細なものだと思ってしまうから。

 

やはりやらなければいけないのは、馬場や環境の違いでも対応できる、真に強い馬の育成になるのだろう。

そのためには、挑戦すること、様々な方法を試してみること、試行錯誤して失敗して改善していくしかない。

強い馬をつくるのに近道はなく、ひとつの道しかないわけでもない。正解はなく、道のりは遠いかもしれないし、実はゴール寸前なのかもしれない。

 

強い馬をつくってやるという情熱と覚悟。

ロンシャンの壁を超えるには、やはりそのことが重要なのだろう。

結果的に抽象的で当たり前なことなのかもしれないけど、当たり前なことをするのが一番大事なのだから。