オグリキャップをもう一度

競馬好きの行政書士が競馬について気ままに書くブログ 馬主申請の代行も行っております

深い衝撃 深い悲しみ

ディープインパクトが亡くなった。 自分は、ダート競馬が好きだし、ひねくれ者でもあるので、いかにも「エリートの英雄」な感じがするディープインパクトのことは、特別に好きというわけではなかった。 ただ、それでも様々なレースが思い出される。 この馬に…

書くことあれこれ

お久しぶりです。 前回のブログから1か月以上が経ってしまいました。 その間、競馬界にはいろいろとありましたね。 前回のブログの続きでいうと、騎乗停止となったルメールはかしわ記念を勝って、謝りながらインタビュー、そして休暇(結構楽しんでいたような…

審議だらけの一日

アメリカで歴史的な降着が起こった約5時間半後、日本でもG1レースで降着が起こった。それも、一番人気の馬で。 NHKマイルカップ。最後の直線、残り400m付近の地点で前が少し開いたところでグランアレグリアが横にいたダノンチェイサーを弾き飛ばして前に出よ…

名誉だからこそ難しい

「My Old Kentucky Home」を歌って出走馬を迎え、勝者にはバラのレイを贈り称える。あらゆるスポーツでもっとも偉大な2分間。ケンタッキーダービーというのは、世界の競馬の中でもっとも勝ちたいと思われるレースの一つだ。 だからこそ、そこでの勝利は何よ…

変わるもの 変わらないもの

もうすぐ平成が終わろうとしている。 年号が変わる意味合いは昔ほどないのかもしれないし、何もかもが新しくなるわけではない。日常はつづく。それでも、ちょうど大型連休。この機会にひとつの時代を振り返るのもいいかもしれない。 時代によって、変わった…

グランアレグリアの桜花賞制覇に思う今後の競馬界

JRAの桜花賞はグランアレグリアが勝ちました。 自ら早めに先頭を捕まえに行って、そのまま離しての快勝。勝ち時計1分32秒7は桜花賞レコードと、実に見事な勝ちっぷりでした。 このグランアレグリアがデビューしたのが、2018年6月3日。JRAの新馬戦が始まった…

その高きスピリッツ ウオッカよ永遠に

小さいころから父親にずっと言われてきたことがある。 「日本の競馬史上、一番強かった馬は、マーチスだ」。 最近の競馬ファンだと名前すら知らない人もいるかもしれない。31戦14勝。主な勝ち鞍は皐月賞。こう見ると、大したことがないかもしれない。 しかし…

大阪杯回顧

4月1日。新年度の始まりです。 桜が咲く中、新たな道を歩みだす若者の姿も見かけます。 大崎駅付近の桜。大崎駅と言ったら日刊競馬。日刊競馬も新年度となって紙面が変わりました。 私の知り合いにも新社会人となる方が何人がいまして、緊張している旨のツイ…

勝利のベルを高らかに ~ラスティックベル牝系~

クロノジェネシスの完勝だった。 土曜日の雪のため、月曜に順延されたクイーンカップ。 心配された降雪もなく乾いた馬場は、速い時計が出るものであったにせよ、上り3F33秒1。阪神ジュベナイルフィリーズ2着馬の名にたがわぬ勝ち方だった。 そのクロノジェネ…

新年のご挨拶と昨年書ききれなかったダイワメジャーネタ

あけましておめでとうございます。 本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 と、もう1月も8日目となって、今年初の記事。箱根駅伝で母校東海大が優勝し、喜んでおりました。 前回の記事から書きたいネタはいくつかあったのですが、年末の慌ただしさにか…

またしてもファンシミン牝系

前回のブログで今のダート界はファンシミン牝系が活躍していると述べました。 注目馬として挙げたアイキャンテーラーこそ新馬戦では負けましたが(4着)、その半姉アイアンテーラーがクイーン賞を勝利。ファンシミン牝系でまた1頭重賞ホルダーが生まれました。…

ファンシミン牝系の時代に

ローレル賞を勝ったアークヴィグラス。チャンピオンズカップを勝ったルヴァンスレーヴ。ともに、ファンシミンの牝系という共通点があります。 ルヴァンスレーヴの5代血統表(出典:JBISサーチ) アークヴィグラスの5代血統表(出典:JBISサーチ) ファンシミンは…

ロードカナロア旋風つづく

平成最後のジャパンカップでは、ものすごい時計が出ましたね。2分20秒6。2400mの世界レコードです。 思えば、平成最初のジャパンカップも、世界レコードでした。2分22秒2。このブログのタイトルにもなっているオグリキャップと、南半球から来た芦毛の牝馬ホ…

JRA2019年度競馬番組等の変更についての雑感

11月20日にJRAから2019年度競馬番組等について発表がありました。 内容についてはいろいろとありますし、もう知っている方もいるかと思います。 そこで、ここでは特に馬主の生活にかかわりがありそうなものに絞って話をしようと思います。 すなわち 秋季競馬…

淀のマイルに思いを馳せて

今週の国営競馬は、マイルチャンピオンシップ。 マイルチャンピオンシップと言ったら、ブログのタイトルでもありますけど、やっぱりオグリキャップなんですよね。 バンブーメモリーと武豊に、うまく壁をつくらされて差され、突き放され、ほとんどの人が「も…

ハイセイコー記念の予想

さすがに前回(ヒカリオーソ)のブログは長すぎでした。もう少しコンパクトにまとめないといけないな、と反省。 今回は、ハイセイコー記念の予想を載せてみます。 今開催の大井競馬は、基本的にインが有利。差すにしても、インで溜めた馬が中心となっている。 …

光り輝けヒカリオーソ

馬主生活のサポートをするには、やはり血統の知識は必要。まだまだ勉強中の身ではありますが、このブログでは学んだことを書いていきたいと思います。 そんな血統論の一発目は、ヒカリオーソ。先日(2018年11月7日水曜日)平和賞を勝った馬です。 (出典:JBIS…

ご挨拶

初めまして。 当ブログにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。 「オグリキャップをもう一度」の管理人である、野田洋平と申します。 品川区の五反田にある「野田洋平行政書士事務所 」で行政書士をやっております。 主な業務として、法人設立や…